FC2ブログ
管理人、ari-Tが読んだ本(主に小説)、マンガ、めったに無いけど雑誌の感想を書いてくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0096
今回読んだ本
「機動戦士ガンダムUC」(福井晴敏/角川書店)
お気に入り度★★★☆☆


「終戦のローレライ」「亡国のイージス」などで有名な福井晴敏の描くガンダム・サーガ。
逆襲のシャア~F91の間の空白の時代(0096年)が舞台。


アナハイム工専に通う学生、バナージ・リンクスは、コロニーの中でオードリー・バーンと名乗る謎の少女を助けたことから、「ラプラスの箱」をめぐる不思議な事件に巻き込まれる・・・


続き物の1巻だから、まだ殆どストーリーが動き出してない感じ。
取り敢えずの感想としては、

・宇宙世紀0年の描写ってあまり見たことがなかったので新鮮だった。
・バナージはガンダムの主人公にしては(今のところ)そうひねくれた性格でもなく、既存の主人公の中ではシーブックに近い印象を受けた。
・小説だからモビルスーツ戦のシーンはやっぱり少ないね。嫌いじゃないんだけど。
・ブッホコンツェルンの名前が出てきたり、ネェル・アーガマが出てきたりと細かい設定までちゃんと使ってくれているあたりがファンとしては嬉しい。

といったところ。
福井さんの文章は福井さんの文章なんだけど、ところどころ富野監督の文章を意識したのかな?と思えるところもあったり(単なる俺の勘違いの可能性も大)、作品への知識と愛のある人が続編やリメイクを作ってくれることはなんて幸せだろうと思う。


というか、最近は愛の無いリメイクが多すぎて萎えっぱなしだ!・・・って今回の話と関係ないので省略。
次の巻も早く読みたい。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。